業務案内 OUR
BUSINESS

  1. HOME
  2. 中大規模木造建築

中大規模木造建築

日本の伝統的な知恵と技術をさらに発展させ、心安らぐ快適な空間をつくりあげます。

心から安らげる気持ちのいい空間づくりをお手伝いしたい。
わたくしたちは、伝統的な日本の木造建築の技術を生かし、一戸建住宅だけでなく、商業施設や事務所ビルなどの設計も手がけております。 木造住宅といえば、一般住宅やお寺や神社など意匠の分野の建物イメージをする方も多いでしょう。 しかし、「木材」にはさまざまな効果があり、欧米では9階建以上の高層ビルが建築、設計されており、日本でも多くの商業施設、事務所ビルにも採用され、日本古来の木造技術が見直されつつあります。 構造躯体の強さはもちろん、コスト面、精神面、環境保護の面でも注目される木造建築。いつまでも心地よい空間をつくり、そこで住まう人、働く人、訪れる人の笑顔をつくる。 それが私たちASKA総合計画の使命です。

木造のメリット

  • 1

    リーズナブルだけど高品質。懐も住み心地も納得

    材料費が安価で、建物自体が軽いため基礎工事の手間や建築工事費が抑えられます。鉄やコンクリートと比べ、木は熱を伝えにくい素材で建物全体に高い断熱性をもたらします。断熱材などのコストを抑えながら、夏も冬も年中快適な住空間を叶えます。

  • 2

    ジメジメ、乾燥を自然調整。しかも強くて安心

    吸湿と放湿をする機能を持つ「木」が室内の湿度を自然に調整してくれます。また実は耐火性能も高く、太い木材は表面が焼け焦げても中身は燃えにくく万が一の際の避難時間も確保。2000年の改正建築基準法施工で木造の中高層建築物が建築可能になりました。

  • 3

    深呼吸したくなる、心安らぐ住空間

    森林浴で心が癒されるように、木の家は精神的な効果も期待できます。構造架構がシンプルなためライフスタイルに合わせて間取り変更ができることもメリット。伐採→植林で『森林の循環サイクル』を促し、解体しても建築材料として再利用可能。環境にも優しい建物です。